サマーキャンプ2012開催概要

牡鹿半島支援大学では、昨年のサマーキャンプ『半島“へ”出よ』から継続的に一年間支援を続けてきました。石巻市半島部では高台移転を中心とした復興事業が進む一方で、がれき撤去後の低平地活用が進んでいない状況が明らかとなっています。

浜全体の復興ビジョンを住民のみなさんと共有すること、つまり住民のみなさんの要望を再度ヒアリングし、マスタープランを作成することが必要であるため、今年も集中ヒアリング『サマーキャンプ2012』を計画しました。

牡鹿半島28浜のくらしの復興に向け、漁業・観光産業を中心とした浜ごとのまちづくりを、住民の声をもとに描きます。

全国から13大学、学生約100人が牡鹿半島28浜に入り集中的にヒアリングを行います

参加大学
東京大学千葉学研究室+成瀬友梨/筑波大学貝島研究室/法政大学渡辺真理+下吹越武人インディペンデントスタジオ/神奈川大学曽我部研究室/名古屋工業大学北川研究室+近藤哲雄/大阪工業大学前田研究室/東北工業大学福屋研究室/神戸大学遠藤研究室・槻橋研究室+城戸崎和佐・山岸綾/Y-GSA小嶋一浩スタジオ/東京工業大学塚本由晴研究室/大阪市立大学宮本佳明研究室/首都大学小泉雅生・猪熊純・明治大学門脇耕三

日程
8月24日〜8月26日

サマーキャンプスケジュール
8月24日(金)
11:00- 開会/オリエンテーション
11:30- 半島全体の未来をみんなで考える会 (公開/大原小学校)
14:00- 各浜ヒアリング開始

8月25日(土)
全日自由調査(ヒアリング・現地調査・発表資料作成)

8月26日(日)
11:00- 報告会 半島の浜の未来をみんなで考える会 (公開/大原小学校)

9月上旬    庁内報告書作成
9月末     広報用報告書作成
9月      市内展示報告会(予定)
事後発表報告会(予定)

主催:一般社団法人アーキエイド(半島支援勉強会/筑波大学・東京大学・東北大学・東京工業大学・東北工業大学・法政大学・神奈川大・首都大、神戸大・神奈川大・大阪工大・横浜国立大学(Y-GSA)・名工大・大阪市大)
共催:石巻市
協力:東北大学災害科学国際研究所/JEN/その他大勢の皆様

質問・お問い合わせ
石巻市 震災復興部 集団移転対策課 0225-95-1111/石巻市 牡鹿総合支所 0225-45-2111
一般社団法人アーキエイド contact@archiaid.org
〒984-0015 宮城県仙台市若林区卸町3-3-16
東北工業大学工学部建築学科福屋粧子研究室内
アーキエイド・サマーキャンプ2012実行グループ camp@archiaid.org 022-305-3610

取材問い合わせ
email:press@archiaid.org
担当:アーキエイド事務局 益田

Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Hatena Bookmark
Pocket
Share on LinkedIn

This entry was posted in 牡鹿半島サマーキャンプ2012, 牡鹿半島復興支援通信 and tagged , . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*