お知らせ
アーキエイド事務局からの最新情報

国際交流基金巡回建築展「3.11 東日本大震災の直後、建築家はどう対応したか」モスクワ展

アーキエイド発起人であります福屋粧子氏が、ロシアのモスクワ建築博物館でレクチャーを行いました。

このシンポジウムは現地時間2012年6月22日午後、国際交流基金、モスクワ日本文化センターの主催で開催。
イリーナ・コロヴィナ氏が進行役を務めるなか、東北工業大学・福屋粧子氏が支援活動の内容や被災地の課題について報告しました。

【講演詳細】
国際交流基金巡回展「3.11 東日本大震災の直後、建築家はどう対応したか」モスクワ講演会
日時:2012年6月22日
会場:モスクワ建築博物館
主催:国際交流基金(モスクワ日本文化センター)
司会:イリーナ・コロヴィナ
詳細はこちらをご覧ください。(※本文は全てロシア語です)



また、今回の展覧会・レクチャーの模様は、6月27日、ロシアの国営テレビ「ヴェスチ」で報道されました。
下記のアドレスからご覧いただくことができます。(※本文・音声は全てロシア語です)
Vesti http://www.vesti.ru/videos?vid=429031&cid=1

みなさまぜひご覧ください。

Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Hatena Bookmark
Pocket
Share on LinkedIn

This entry was posted in お知らせ and tagged , . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*