お知らせ
アーキエイド事務局からの最新情報

【イベント情報】「第4回 復旧復興支援部会連続シンポジウム・復旧復興支援建築展」

2012年11月6日(火)〜9日(金)の期間中、東京・建築会館ホール及び建築博物館ギャラリーにて「第4回 復旧復興支援部会連続シンポジウム・復旧復興支援建築展」が開催されます。

11月9日に行われるシンポジウムでは、アーキエイド設立発起人の福屋粧子氏(東北工業大学)と、塚本由晴氏(東京工業大学)、小嶋一浩氏(横浜国立大学Y-GSA)が参加いたします。
また、建築博物館ギャラリーで開催されている展示では、「復興プロポーザル支援プロジェクト」の七ヶ浜町におけるプロポーザルで最優秀賞に選ばれました、髙橋一平氏の「遠山保育園」、乾久美子氏の「七ヶ浜中学校」の建築模型が展示されます。

みなさまぜひ、足をお運びください。

【開催概要】
第 4 回 復旧復興支援部会連続シンポジウム
「復興の原理としての「建築」-コミュニティ・アーキテクト制をめぐって—」
& 復旧復興支援建築展「建築に何ができるか、できることとできないこと」

主催:日本建築学会 復旧・復興支援部会

●シンポジウム
日時:2012年11月9日(金)
   13:00~17:30
会場:建築会館ホール
定 員:200 名
参加費:会員 2,000 円、会員外 3,000 円、学生 1,000 円
動画配信も行います。動画配信には、参加費に資料送付代 500 円が加算されます)
申込み:建築会館ホールへご来場の方はこちらからお申し込みください。
動画配信を申込みの方はこちらからお入りください。
※インターネット環境を利用した動画配信サービスです。パソコン等より視聴することができます。

プログラム
総合司会 布野修司(滋賀県立大学/復旧・復興支援部会長)
13:00-13:10
日本建築学会会長挨拶 和田 章(東京工業大学名誉教授/東日本大震災調査復興支援本部長)

13:10-14:00
第一部 基調講演
伊東豊雄(建築家)みんなの家 わたしたちの建築-コミュニティ・アーキテクト制にむけて(仮)

14:05-15:25
第二部 連続プレゼンテーション 何を考え、何をしてきたか、何が問題なのか
陶器浩一(滋賀県立大学)
森 傑(北海道大学)
杉本洋文(東海大学)
芳賀沼整(建築家)
石原健也(千葉工業大学)
竹内 泰(宮城大学)
福屋粧子(東北工業大学)
手塚貴晴(東京都市大学)
ヨコミゾマコト(東京芸術大学)

15:30-17:30
第三部 パネル・ディスカッション コミュニティ・アーキテクト制をどう実現するか
モデレーター:宇野 求(東京理科大学/復旧・復興支援部会幹事)
パネリスト:山本理顕(建築家)、小嶋一浩(横浜国立大学)、塚本由晴(東京工業大学)、
青井哲人(明治大学)、姥浦道生(東北大学)、伊東豊雄(前掲)+第二部講演者


●復旧復興支援建築展
期間:2012年11月6日(火)~9日(金)
会場:建築博物館ギャラリー
入場料:無料

詳しくはこちらをご覧ください。

Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Hatena Bookmark
Pocket
Share on LinkedIn

This entry was posted in お知らせ and tagged , . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*