お知らせ
アーキエイド事務局からの最新情報

「グッドデザイン金賞」受賞のお知らせ

一般社団法人アーキエイドは、このたび『コアハウス −牡鹿半島のための地域再生最小限住宅 板倉の家−』
におきまして、2013年度グッドデザイン金賞(経済産業大臣賞)を受賞しました。

KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA
GOOD DESIGN GOLD AWARD 2013
Core House – Itakura no Ie/ Minimum House for Local Revitalization in Oshika Peninsula –

goldaward_gmark

「グッドデザイン金賞(経済産業大臣賞)」は2013年度に選ばれたすべてのグッドデザイン賞受賞対象(受賞件数 1,212件/審査対象数 3,400件)の中から“社会の課題に対する取り組みとしての内容、将来に向けた提案性や完成度の高さなど、総合的な観点から、グッドデザイン賞審査委員会が今年度もっとも優れていると評価したデザイン”に贈られます。(※特別賞概要はこちら。)

コアハウスは「グッドデザイン・ベスト100」に選出され、本年度受賞作として10月30日(水)~11月4日(月/振休)まで東京ミッドタウンで開催された「グッドデザインエキシビション2013[G展]」
(主催:公益財団法人日本デザイン振興会)にて紹介されました。そして、その後行われた特別賞審査会により「グッドデザイン金賞(経済産業大臣賞)」(上位20選)を受賞いたしました。

アーキエイドは建築家による復興支援ネットワークとして、東日本大震災の復興に向けて継続的に活動を行っており、コアハウスはアーキエイド半島支援勉強会コアハウスワーキンググループのもと計画、設計されたアーキエイドの代表的な開発プロジェクトです。今なお仮設住宅に暮らす被災者の早期生活再建に取り組み、自立した地域再生の継続的な原動力となるよう今後も地域に密着した活動を行っていく所存です。

コアハウス受賞詳細、グッドデザイン賞審査委員による評価コメントにつきましては、
下記グッドデザイン賞ウェブサイト、並びにアーキエイドHP受賞概要よりご覧ください。
・グッドデザイン賞ウェブサイト:http://www.g-mark.org/award/describe/40280
・アーキエイドHP受賞概要:http://archiaid.org/news/6515

尚、11月4日に行われた貝島桃代氏によるコアハウスのベスト100プレゼンテーションの模様は
下記Ustreamにてご覧頂けます。
http://www.ustream.tv/recorded/40468067

Youtubeにて動画も公開されました。(2013.12.3)

Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Hatena Bookmark
Pocket
Share on LinkedIn

This entry was posted in お知らせ, 桃浦, 牡鹿半島のための地域再生最小限住宅 板倉の家/コアハウス, 牡鹿半島復興支援通信 and tagged , , . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*