お知らせ
アーキエイド事務局からの最新情報

【お知らせ】牡鹿半島アーキエイド・ミニキャンプ2013活動報告会のお知らせ

2013年12月14日(土) 14時より、SHIBAURA HOUSEにて「牡鹿半島アーキエイド・ミニキャンプ2013活動報告会」を開催いたします。

東日本大震災における建築家による復興支援ネットワーク[アーキエイド]では、2011年の被災地域調査サマーキャンプ、2012年の津波浸水地に関する集中ヒアリング「サマーキャンプ2012」など、牡鹿半島28浜それぞれの復興まちづくり支援と住民の話し合いの場への参加を2年間続けてきました。

高台の姿が見えはじめた発災 3年目の今年は、各集落が力を合わせてはじめたくらしや文化を取り戻すための活動や話し合いを、大学の学生や専門家が分散型合宿「牡鹿半島アーキエイド・ミニキャンプ2013」としてサポートしました。

今回、このミニキャンプによって地域支援を行った学生が一同に集い、牡鹿半島における活動についての報告会を行います。一般の方々も招いた発表の場を設けることで、牡鹿半島の「今」を広く伝えるとともに、地域支援への関心と理解を高めます。

みなさまのご来場お待ちしております。

ooyagawa  kozumi
二渡神社修繕計画(大谷川浜)             お地蔵様プロジェクト(小積浜)

hamaguri  magitake
民家リノベーションワークショップ(蛤浜)         牧竹納涼盆踊り運営ボランティア(牧浜・竹浜)

【開催概要】
牡鹿半島アーキエイド・ミニキャンプ2013活動報告会

▼日時:2013年12月14日(土) 14:00〜16:30(第一部は15:30まで)

▼場所:SHIBAURA HOUSE5階(東京都港区芝浦3-15-4)

▼費用:無料(予約優先、当日受付も可)

▼出演者:

活動報告者および報告浜|

・筑波大学貝島桃代研究室|牡鹿漁師学校運営(桃浦)、侍浜空き家整備(侍浜)
・神奈川大学曽我部昌史研究室|牧竹納涼盆踊り大会運営ボランティア(牧浜、竹浜)
・東京工業大学塚本由晴研究室|二渡神社修繕計画(大谷川浜)
・法政大学渡辺真理・下吹越武人インデペンデントスタジオ|お地蔵様プロジェクト(小積浜)
・明治大学門脇耕三研究室|民家リノベーションワークショップ(蛤浜)
・横浜国立大学大学院Y-GSA|鮎川港まちづくり協議会運営サポート(鮎川浜)
・大阪市立大学宮本佳明研究室|五十鈴神社再興プロジェクト(前網浜)
・関東学生サポーター

ゲストレクチャー|

亀山貴一 氏
1982年生まれ。 2000年〜宮崎大学農学部生物環境科学科、2004年〜石巻専修大学理工学研究科生命科学専攻、2006年〜宮城県水産高等学校海洋総合科食品科学類型教諭を経て、2013年より蛤浜プロジェクト代表、牡鹿地区復興応援隊、およびCafeはまぐり堂オーナー。
蛤浜再生プロジェクト  Cafe はまぐり堂  

ゲストコメンテーター|

中村陽一 氏
立教大学法学部教授、社会デザイン研究所長。日本ボランティア学会副代表、日本NPO学会発起人・前理事。多数のNPO法人の運営やサポートなど、現場と往復しつつ実践的研究、基盤整備、政策提言に取り組む。研究指導分野は、NPO/NGO、市民参加、ネットワーク組織、ソーシャルビジネス、CSR、コミュニティマネジメントなど。

正岡克洋 氏
1983年生まれ。平成13年度入庁。現在、水産庁 漁港漁場整備部 防災漁村課 漁村企画班 企画係長。
漁村の復興事業や全国の防災・減災対策等の業務を担当。

▼主催:一般社団法人アーキエイド

▼問合せ・予約窓口:一般社団法人アーキエイド事務局 camp@archiaid.org

▼関連URL:SHIBAURA HOUSE イベント紹介ページ

※このイベントはSHIBAURA HOUSEとアーキエイドのパートナーシップ・プログラムにより実施しています。

partnaer_rogo_0423

Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Hatena Bookmark
Pocket
Share on LinkedIn

This entry was posted in お知らせ, 牡鹿半島アーキエイドミニキャンプ2013, 牡鹿半島復興支援通信 and tagged , , . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*