お知らせ
アーキエイド事務局からの最新情報

『アーキエイド活動年次報告2013 | ArchiAid Annual Report 2013』データ公開のお知らせ

このたび『アーキエイド活動年次報告2013|ArchiAid Annual Report 2013』が完成しました。

本アニュアルはアーキエイド事務局編集のもと、アーキエイド設立から3年目にあたる2013年の地域支援や人材育成・教育支援、協力プロジェクト、展示・出版などの様々な活動をまとめた3冊目の活動報告書となります。
より多くの方へ情報発信・共有できるよう、全ページPDFにてデータ公開いたします。
下記、表紙をクリックしダウンロードの上、ぜひご覧ください。

We have completed the booklet, “ArchiAid Annual Report 2013” from last year’s our activities.
Please click the cover image below to download the full page PDF. (size:12.89MB)

aaar2013_cover-140219-ok.indd

活動および情報公開に対するご意見・ご感想をお待ちしています。

*

目次

03 発災3周年のステートメント
04-05[寄稿] アーキエイド、震災から生まれた“卵”
06 [随筆] 復興と建築家
07 [随筆] 支援活動の多様化の中で
08-10 支援・協力プロジェクト一覧
11-13 プロジェクト クロニクル 2011-2013
14-15 アーキエイドとは何か
16-17 プロジェクト概要
+
18-19 「失われた街」模型復元プロジェクト
20-21 気仙沼大島エコ&アートプロジェクト
22 A Book for Our Future, 311
23 長清水番屋
24-29 雄勝スタジオ
─ 名振地区復興公営住宅
─ 波板地区コミュニティーセンター(仮称)
─ 雄勝生活研究所
30-45 牡鹿半島支援活動
32-33 ─ 鮎川浜・復興拠点整備計画案の作成
34 ─ 牡鹿半島の未来をえがこうOPEN LAB.
35-39 ─ 牡鹿半島アーキエイド・ミニキャンプ2013
─ ─ 小積浜・お地蔵様プロジェクト
─ ─ 蛤浜・民家リノベーションワークショップ
─ ─ 前網浜・五十鈴神社再興プロジェクト
─ ─ 牧浜・牧竹納涼盆踊り運営ボランティア
40 ─ 二渡神社修繕計画
41 ─ 牡鹿半島・東浜のための漁村センター改修プロジェクト
42 ─ 第1回浜の学校 牡鹿漁師学校
43 ─「侍浜の家」整備計画
44-45 地域再生最小限住宅 板倉の家/コアハウス
46-47 半島支援勉強会
48-49 釜石市半島部全浜災害復興公営住宅
50-51 復興プロポーザル支援プロジェクト
52-53 釜石市復興計画支援
54-55 Risk & Architecture Workshop
+
56-57 ArchiAid: Rethinking-Reconstruction
58 アーキエイドの活動展 東日本大震災─3月11日と今日─
59 SHIBAURA HOUSE パートナーシッププログラム アーキエイド関東学生サポーター
60-61 インターンシップ・プログラム
+
62 事務局年間スケジュール
63 イベント一覧
64-65 掲載メディア一覧
66-67 寄付・ご支援いただいた皆様、お世話になった方々
68 2013年度収支報告
69 寄付・賛同のお願い
70-71 メンバーリスト
72 編集後記/奥付

*

アーキエイド活動年次報告2013
2014年3月11日発行

編集:アーキエイド事務局 
執筆・編集協力:アーキエイド実行委員会、各プロジェクトチーム担当者
翻訳: Ken Shima
ブックデザイン:松井健太郎
アーキエイドロゴデザイン:秋山伸
表紙写真:Erik Jan Ouwerk
図版提供:設計組織ADH (p.48)、アトリエ・ワン(p.49)、シーラカンスアンドアソシエイツ(p.52)、乾久美子建築設計事務所(p.53)、その他:各プロジェクトチーム
印刷・製本:株式会社仙台紙工印刷

発行: 
一般社団法人アーキエイド
〒984-0015 宮城県仙台市若林区卸町3-3-16
Tel: 080-6295-5664|E-mail: contact@archiaid.org
http://archiaid.org

Contents

03 ArchiAid the Third Anniversary of the Tohoku Disaster Statement
04-05[Contribution] ArchiAid, The “Egg” Born from Disaster
06 [Essay] Reconstruction and Architects
07 [Essay] Within the Diversification of Support Activities
08-10 Support and Cooperation Projects
11-13 Project Chronicle 2011-2013
14-15 What is ArchiAid?
16-17 Project Overview
+
18-19 ‘Lost Homes’ Model Restoration Project
20-21 Kesennuma Oshima Eco & Art Project
22 A Book for Our Future, 311
23 Nagashizu Banya
24-29 Ogatsu Studio
─ Naburi Area Reconstruction Public Housing
─ Namiita Ward Community Center (Temporary)
─ Ogatsu Lifestyle Research Hub
30-45 Oshika Peninsula Support Activities
32-33 ─ Ayukawahama: Drafting a Reconstruction Hub Development Project Plan
34 ─ Let’s Picture the Future of Oshika Peninsula: OPEN LAB.
35-39 ─ Oshika Peninsula ArchiAid Mini Camp 2013
─ ─ Kozumihama: Ojizosama Project
─ ─ Hamagurihama: House Renovation Workshop
─ ─ Maeamihama: Isuzu Shrine Rebuilding Project
─ ─ Maginohama: Magitake Summer O-Bon Dance Operation Volunteering
40 ─ Niwatari Shrine Renovation Plan
41 ─ Fishing Village Center Renovation Project for Higashihama, Oshika Peninsula
42 ─ 1st Shore School: Oshika Fisherman’s School
43 ─‘Samuraihama Home’ Maintenance Plan
44-45 Minimum House for Local Revitalization: Itakura no Ie/Core House
46-47 Peninsula Support Study Meeting
48-49 Disaster Recovery Public Housing for All Shores of the Peninsula of Kamaishi City
50-51 Reconstruction Proposal Support Project
52-53 Kamaishi City Reconstruction Plan Support
54-55 Risk & Architecture Workshop
+
56-57 ArchiAid: Rethinking-Reconstruction
58 The Activity Exhibition of ArchiAid: The Great East Japan Earthquake – March 11th and Today –
59 SHIBAURA HOUSE Partnership Program ArchiAid Kanto Student Supporter
60-61 Internship Program
+
62 Bureau Annual Schedule
63 Event List
64-65 Media List
66-67 Donors and Sponsors, Special Thanks
68 Income and Expenditure Reports 2013
69 Requests for Donations or Support
70-71 Member List
72 Editor’s Note / Credit

*

ArchiAid Annual Report 2013
March 11th, 2014 Issue

Editor: ArchiAid Bureau
Writer/Editorial Support: ArchiAid Committee Member and each project team person in charge
Translation: Ken Shima
Book Design: Kentaro Matsui
Logo Design: Shin Akiyama
Cover Photo: Erik Jan Ouwerk
Illustration credits: ADH architects (p.48), Atelier Bow-Wow (p.49), CAt (p.52), office of kumiko inui (p.53), the others: each project team
Printing/Bookbinding: Sendai Shiko Printing Co., Ltd.

Publication:
General Incorporated Association ArchiAid
3-3-16, Oroshimachi, Wakabayashi-ku, Sendai, Miyagi 984-0015 Japan
Tel: 080-6295-5664|E-mail: contact@archiaid.org
http://archiaid.org

© 2014 ArchiAid

Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Hatena Bookmark
Pocket
Share on LinkedIn

This entry was posted in お知らせ, 事務局 and tagged . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*