牡鹿半島復興支援通信

寄磯浜|Yoriisohama

急な坂道を原付が行き交う港町

港を見下ろす寄磯小学校を中心に、家々が急斜面に張りつき、太平洋と向かい合う。被災家屋は約半数。まちを遠く感じながら地続きである半島の独立性を象徴する町。

震災前| 人口:374世帯数:103
震災後| 人口:340世帯数:99残存住戸:43(2012.4.30時点)
被災率| 58.3%
震災前主要産業| 養殖産業(ホヤ、ホタテ、ワカメ)、近海漁業(コウナゴ)、遠海漁業(イカ、サンマ)
担当大学研究室名| 大阪市立大学宮本佳明研究室