【イベント情報】東日本大震災復興支援「つくることが生きること」神戸展のお知らせ

2013年1月17日(木)から、デザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITOにて『東日本大震災復興支援「つくることが生きること」神戸展』が開催されます。
2013年1月17日で発生後18年目を迎える「阪神・淡路大震災」を経験した街、神戸での開催であることから、神戸で被災した経験を持つアーティストのトークセッションや展示作品や、東北と神戸の今とこれからを考える様々なプログラムが展開されます。

また、期間中はアーキエイド地域支援プロジェクトである「失われた街模型復元プロジェクト」の展示・及びワークショップが開催されます。

みなさまぜひご参加ください。

特設サイト:
http://kobe.wawa.or.jp/


東日本大震災復興支援「つくることが生きること」神戸展
【開催概要】
会場:デザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)神戸市中央区小野浜町1-4
会期:2013年1月17日(木)~27日(日)(10日間)
   ※月曜休館日  
参加:無料
主催:わわプロジェクト(一般社団法人非営利芸術活動団体コマンドN)、デザイン・クリエイティブセンター神戸
後援:神戸市
協賛:富士フイルム株式会社、キヤノン株式会社
協力:やっぺし祭り実行委員会

失われた街 模型復元プロジェクト(監修:槻橋修)展示
失われた街 模型復元プロジェクト/ ワークショップ

日時 : 2013年1月27日(日)11:00~19:00

このプロジェクトは、失われた街や村を1/500の縮尺の模型で復元し、地域に育まれてきた街並みや環境、人々の暮らしの中で紡がれてきた記憶を保存・継承していくことを目指しています。復元模型の制作は建築学生によるボランティアを中心として、地域の皆様、その他街の再生を願うすべての皆さんの協力を仰ぎながら進めていきます。

企画・構想:槻橋修+神戸大学槻橋研究室
協力:東日本大震災における建築家による復興支援ネットワーク[アーキエイド]
協賛:財団法人神奈川県建築安全協会

詳しくはこちらをご覧ください。

Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Hatena Bookmark
Pocket
Share on LinkedIn

This entry was posted in 『失われた街』模型復元プロジェクト. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*