【インターンレポート】Ken Farris / A senior from the College of Environmental Design at University California, Berkeley

I am Ken Farris, a senior from the College of Environmental Design at University California, Berkeley.

My interest in ArchiAid was peaked due to my intense interest in Japanese architecture.
During the school year in my design studio,
I realized that most of the work we were doing had little real life implications. So, as I was applying to summer, I applied to an architecture disaster relief non-profit.
One of my current beliefs is that Japanese architecture is the best in the world
because of the simplicity and execution of the initial design concept. But as an architecture student,
I have wondered what kind of buildings accomplishes the goal of rehousing people who have lost their homes while keeping their spirits up. I think ArchiAid accomplishes this quite well. I have noticed that the architects that aid the reconstruction effort have focused most on the desires of the local people.

They seem to try and integrate nostalgia of the old town through building materials or
to create program within the architecture that is reminiscent of activities that occurred before 3/11.
It seemed that during my visits to these towns,
everybody who had experienced the disaster was currently living in temporary housing or the tsunami had not reached the height of their houses.

What the architects helped with was creating spaces where people could gather,
whether it be community pavilions, kitchens, gyms, or meeting places.
During the three hard years of recovery, people had only had time to think about rebuilding their own houses.
But all the public service buildings that created the culture of the town were lost and too expensive to reconstruct.
Many architects from Atelier Bow-Wow, Mandai Architect and Associates, SANAA, Shigeru Ban, etc have worked on creating architecture that strengthens and lifts the spirit of the community.
Even with the help of government subsidies,
these architects have taken little to no design fees but continue to build
because of their good nature and willingness to help people in need.

カリフォルニア大学バークレー校、環境デザイン学部四回生のケン・フェリスです。

日本の建築にとても興味があり、[アーキエイド]で是非ボランティアをしたいと思っていました。
大学のデザイン・スタジオでの作業の大部分は、ほとんど実用とは関係ないと感じ、
夏のインターンに応募しようと思った時に建築の震災復興支援非営利的団体である
[アーキエイド]に申し込みました。
私は日本の建築がシンプルさゆえに、また初めに打ち出されたデザイン概念を形にしていくゆえに、
世界で最高の建築だと思っています。
しかし建築学生として、どのような建物を建てれば津波で家を失った人々が元気になれ、
元の生活を容易に取り戻すことができるだろうかと、疑問に思っていました。

この点でアーキエイドはこの目標を達成してきていると思います。
震災復興を支援している建築家たちが、地元の人々の希望に最も耳を傾けていることに私は気が付きました。
[アーキエイド]は、3/11以前と同じ建材を使用し、以前の生活を思い出せるように建築プログラムの中に
懐かしい街の姿を取り込むよう努めています。
私が被災した街に行ったとき、災害に遭った人たちは誰もがまだ仮設住宅に住んでいるような状態でした。
一方で、幸いにも津波が自分の家に達しなかった人たちもいました。

そこで建築家たちはみんなが集まることができるようなコミュニティセンターやキッチン、
体育施設、集会所などのスペースを作りました。
地元の人々は、この復興の厳しい三年の間、
自分の家を再建していくことを考えることに精一杯だったと思います。
しかし、街の文化に関わる公共建物の再建にはとてもコストがかかります。
コミュニティーの強化、また住民の意識を高めるための建築を造ることに、
アトリエ・ワン、萬代基介建築設計事務所、SANAA、坂茂氏や、その他多くの建築家が取り組んで来ました。
政府の助成金を使っても建築家はデザイン料をほとんど取らず、
困っている人々を助けたいという一心から、建物を造り続けています。

SONY DSC

Most of my time at ArchiAid was spent making a 1:200 scale model of the town of Ayukawa and the proposed seawall.
There was little plan information, so we first had to create a CAD file
that would allow us to use 1mm Styrofoam paper to create the contours at the scale of the model.
The actual construction of the model took about 3 weeks because it was gigantic.
This involved cutting, gluing, painting and making sure that all the pieces fit together perfectly.

私は主にインターン期間中に、鮎川浜と提案された堤防の200分の1の模型を作ることに取り組みました。
設計図の詳細がほとんどなかったので、最初にCADファイルを作成し、1mm厚の発泡スチロール紙を使い、
輪郭を作らなければなりませんでした。非常に大きい模型だったので、作るのに三週間かかりました。
この工程の中で切断や接着、着彩をし、その後全ての部分をきちんと合わせることに努力しました。

SONY DSC

Often on the weekends or some weekdays,
I had the opportunity to travel to either Ayukawa or Ishinomaki.
ArchiAid consistently had events in the areas affected by the tsunami.
When I went to Ishinomaki one weekend, there was an event called “Stand Up Week”
that was a celebration of the progress of recovery efforts.
There was a giant festival with lots of dancing, food and events.

But one of the most interesting interactive events I went to was the “Lost Homes” exhibit, which was facilitated by ArchiAid. Architecture students from all over Japan helped to create huge white Styrofoam models of all the towns that were affected by the disaster. Each of these models fit together to create a mega-model that filled an entire room. The students would bring the corresponding models to a town and the local people would come and mark their houses with small flags, write a description of a fond memory, and paint the house they used to live in. By the end of the exhibitions the white models would be marked with color and memories to remember life before the disaster. I thought that this was a marvelous use of the students time because although they couldn`t draft out plans for new housing, they could help lift the spirits of the local people. I was amazed at the dedication of architects and students to create intimate friendships with the local people. And conversely the local people seemed to really appreciate the small but caring acts that these students and architects did.

I really sensed that this organization seemed to go beyond just creating buildings and architecture,
but took an initiative for various events, which should never be forgotten.

週末や平日に、鮎川浜や石巻へ行く機会がありました。
[アーキエイド]は、津波で被害にあった地域で活動をしています。
また週末に石巻に行った際、震災前のまちに戻すだけではなく、
さらに楽しいまちにしようというイベント「石巻Stand Up Week 2014」が開催されていました。 
大きなお祭りで、踊りや、食べ物の屋台や色々な催し物がありました。

一番面白いと思ったのは、[アーキエイド]の活動の一貫であるワークショップ「失われた街」でした。
様々な大学の建築学生が、被災した街を巨大な白い発泡スチロールの模型で復元し、
各模型を合わせると、部屋いっぱいの巨大模型ができます。
学生が各街の模型を被災地に持って行き、地元の人々は自分の家に小さな旗をつけ、
楽しかった思い出を書き、家の色を塗ります。
この展示が終わるころには、真っ白な模型は被災前の生活の色と記憶で塗られます。
模型作りは、学生にぴったり合った支援の方法だと思います。
私たち学生には地元の新しい住宅の図面を書くことはできませんが、
人々が元気になれるような手伝いができます。
地元の人々とつながりを築くために、建築家と学生がこのような多大な貢献をされていることに驚きました。
そして地元の人々は、学生と建築家がこの小さい行為に対し、本当に感謝されているように思えました。 

この[アーキエイド]というネットワークでつながった各々の建築家達は、
建物と建築以上のことを行っていて、いろんなイベントを率先してやっており、
そういう活動は決して忘れてはいけないと感じました。

SONY DSC

On a side note, I was able to meet a lot of architects including Motosuke Mandai,
one of the main associates of Junya Ishigami, and Yoshiharu Tsukamoto,
the founding member of Atelier Bow-Wow.
I had the opportunity to talk with both of them in depth about the projects
they had completed and they both bought me dinner.

話はそれますが、以前, 石上純也建築設計事務所で勤務され、
現在、萬代基介建築設計事務所代表の萬代氏とアトリエ・ワン代表の塚本由晴氏を含む
多くの建築家にお会いしました。
夕食をご馳走になりながら、過去の建築プロジェクトについてお二人に聞く機会がありました。

SONY DSC

When I went to Ayukawa, I was able to stay in the guesthouse of a kind fisherman, Abe-san.
I visited the remote beach town at least 4 times and on every occasion,
he and his wife would bring out delicious seafood dishes.
I had the opportunity to eat sea urchin, regional vegetables and local sashimi.
This town seemed to have a very calming spirit, unlike anything I had experienced in a city atmosphere.

For the most part, when I was in town, I would go around with my coworkers and talk to the local residents.
They spoke to us about the horror and the sheer size of the tsunami.
In conversation, there was always a silent tension that seemed to exist from the memories of the disaster.
Though I don’t think I could ever begin to understand what these people went through,
I was surprised at how quickly everyone seemed to raise their spirits after the disaster.

My main work in Ayukawa revolved around renovating a room in Abe-san’s guesthouse
that could become a community meeting place for all the town’s residents.
This work included building tables, plastering the walls with traditional Japanese stucco,
and sanding all the wood surfaces. During the three years since the tsunami,
people have been focused on rebuilding homes and coping with the mental trauma.
ArchiAid serves as an intermediary between the locals and the architects.
Most of my coworkers used to work in architecture firms,
but also had a strong connection to the local people and government.
This makes communication between the architects and locals much stronger.
Initially when ArchiAid began, the locals had some opposition to the help of architects,
but as time has passed, the bond became stronger.
Now it is to be an essential organization in the path of redevelopment.

鮎川浜へ行ったとき、漁師の阿部さんのゲストハウスに泊めていただきました。
私は4回ほど、この漁港の町に行きました。
そして、行くたびに阿部さん夫妻に美味しい料理をふるまっていただきました。
ウニや地元の刺身と野菜をご馳走になりました。
この町には、都会では経験できないようなとても穏やかな雰囲気があります。

この町に行ったときは、同僚と一緒に地元の人たちと話をしに行きました。
地元の人たちから津波の恐怖とその大きさについて聞きました。
話の途中で沈黙され、災害の記憶がまだ生々しいものであると感じられました。
私には、どういう体験をされたのか、想像にも及びませんが、
地元の人々が被災後すぐに元気を取り戻そうと立ち上がられたのには驚きました。

鮎川浜での私の主な仕事は、町の人々が集まる場所となるよう、
阿部さんの隣の家の一室を修善することでした。
テーブルを作ったり、壁に漆喰を塗ったり、木の表面を紙やすりで磨いたりしました。
津波から三年たって、地元の人々は、家を再建し悪夢のような被災から
立ち直ることに一心に努力されてきています。
そのように被災者の方々を支援すべく、
[アーキエイド]は、地元住民と建築家の間を取り持つ組織として活躍しています。
[アーキエイド]で働いている人は、以前には建築事務所で勤務しており、
このことは建築家と地元住民の間のコミュニケーションに非常に役立つと思います。
[アーキエイド]がスタートしたとき、地元の人々は建築家の援助はいらないと反対されたそうです。
しかし時間が経つにつれ、絆がより強くなったと聞きます。
今では[アーキエイド]は復興再生の重要な組織になっています。

名称未設定

犬塚さんはじめ、[アーキエイド]の皆さんには本当にお世話になりました。
充実した一か月を美しい東北で過ごせたことに感謝し、少しお役に立てたのではと思っています。

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

Ken Farris

Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Hatena Bookmark
Pocket
Share on LinkedIn

This entry was posted in インターンレポート, 牡鹿半島支援活動, 鮎川浜. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*