第10回アーキエイド半島支援勉強会

10月21日に行われた第10回アーキエイド半島支援勉強会の様子を報告します。

今回の主な議題はプロジェクトの主な進展状況の確認、各部会からの報告でした。それでは今回の勉強会の内容をご紹介させていただきます。

まず始めに東北工業大学の福屋氏から今月までのアーキエイドの活動と今後の動きについての確認がありました。そこでは、サマーキャンプの報告のため各大学へ住民説明会への参加とその日程調整の依頼があり、住民にサマーキャンプについての報告をすることとなりました。


進展状況確認の様子


続いて、小野田氏から防災集団移転事業の設計ガイドラインのお話があり、グループワークで詳細について検討することが確認されました。

勉強会の後半は各勉強部会から、それぞれの進行状況の報告を行いました。各勉強部会ごとに概要を以下にまとめます。

■コアハウスワーキンググループ(東京工業大学)
確認申請がおりたため10月末までに着工を予定している事が報告されました。今後は「ぺちゃくちゃナイト」などの協力によるプロジェクトの紹介と募金活動を行う予定です。

■公営住宅ワーキンググループ(法政大学)
十八成島浜の住民を対象に白石のシルバーハウジングの見学会を行ったことや、設計事務所が進めている標準プラン化に向けた協議を進めることを確認しました。

■空き家ワーキンンググループ(神奈川大学)
空き家の拠点整備が終了したことが報告されました。宿泊機能・ミーティングスペース・工房を充実させる目的で整備されたこと、今後はトイレ整備の為に下水の付け替え工事が行われる予定であることが確認されました。


各浜部会からの現状報告の様子


■その他
11月18日(日)午前10時から午後4時まで牡鹿のれん街でのれん街一周年祭をおこなうことが報告されました。

来月の第11回アーキエイド半島支援勉強会は11月18日(日)に行う予定です。その模様もまたwebにより報告したいと思います。




アーキエイド半島支援勉強会
中田敦大(筑波大学貝島研究室)

Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Hatena Bookmark
Pocket
Share on LinkedIn

This entry was posted in 半島支援勉強会 and tagged , , , , , . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*