【現地レポート】コアハウス/地域再生最小限住宅「板倉の家」着工

2012年11月8日、コアハウス/「板倉の家」のモデルハウス建築工事が着工しました。11月24日には上棟式を予定しており、地域住民や工事関係者が集い上棟を祝います。

東京工業大学建築学専攻塚本研究室修士2年の河西です。モデルハウスの設計監理を担当しています。これから工事の進捗を報告します。

モデルハウス建設地は石巻市桃浦地区、洞仙寺の本堂跡地です。牡鹿半島の住民は石巻市街地へ向かう際に必ず桃浦地区を通過します。モデルハウスをより多くの人に見学してもらうためにこの地が選ばれました。

国道からみた洞仙寺(とうせんじ)の様子。桃浦バス停すぐそば。

境内入口。「復興の鐘」が目印。

敷地全景。桃浦港が見渡せます。

地縄張り。建物配置を確認します。(11月5日)

浄化槽埋設。(11月7日)

砕石地業→突き固め→防湿シートの敷き込み→捨てコンクリート打設。(11月9日)

基礎配筋→型枠工事。(11月10日)

配筋の寸法・径・ピッチ・かぶり厚さを確認します。

型枠工事が完了したので、次回は基礎耐圧盤の打設から報告します。

 

東京工業大学塚本研究室修士2年

河西孝平

 

————————————————————————————————————————————

「牡鹿半島のための地域再生最小限住宅」開発プロジェクト 協力のお願い

この開発プロジェクトに対する、資金出資、建材、建設人材の提供など、皆様のご協力をお願いいたします。趣旨に賛同いただける方は、

アーキエイド半島支援勉強会コアハウスワーキンググループ
corehouse2012@googlegroups.com までご連絡ください。

本プロジェクトへの寄付申し込みは、下記にて受付しております。
必ず、件名を「コアハウス募金」とし、contact@archiaid.org へご一報ください。

銀行名:七十七(しちじゅうしち)銀行本店営業部
口座番号:普通 7951752
名義一般社団法人アーキエイド 代表理事 小嶋一浩  (書面では「シャ アーキエイド」記載)

何卒、よろしくお願いいたします。

アーキエイド半島支援勉強会 コアハウスワーキンググループ一同

 

Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Hatena Bookmark
Pocket
Share on LinkedIn

This entry was posted in 半島支援勉強会, 桃浦, 牡鹿半島のための地域再生最小限住宅 板倉の家/コアハウス, 牡鹿半島復興支援通信 and tagged , . Bookmark the permalink.

One Response to 【現地レポート】コアハウス/地域再生最小限住宅「板倉の家」着工

  1. 塚本由晴 says:

    いよいよはじまりましたね!多くの人に見てもらいたいです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*