第21回アーキエイド半島支援勉強会

9月8日(日)に行われた第21回アーキエイド半島支援勉強会の様子を報告します。

今回の勉強会は法政大学を会場に開かれました。市ヶ谷キャンパスでした。今回の主な議題は事務局報告、各浜協議会報告、ワーキンググループ報告、宮古島・雄勝報告などについての報告などでした。それでは勉強会の内容について紹介していきます。

AA21web報告_pic1

まず始めに事務局からの報告がありました。
東北工業大学の福屋氏からは、横浜国立大学と協力し進めた鮎川浜の協議会についてのほか、低平地の事業について、各浜で行われ始めたミニキャンプについて報告がなされました。犬塚氏からは改修を進めているホームページと展覧会について報告されました。ホームページ上には、牡鹿半島全体の地図から手軽に各浜の活動報告にアクセス可能にするよう、バナーが設けられました。また、愛知県岡崎市のギャラリーで地元の方と協力し開いた展覧会についての報告もありました。震災直後の風景写真や現在の状況、アーキエイドの活動年表をまとめたものなどの展示がなされました。名古屋工業大学の坂井氏からはインターンへの参加報告と次期インターン生の募集告知がなされました。

次に、各浜協議会の報告がありました。

■ 鮎川浜
鮎川港まちづくり協議会が発足し、交付金申請の文案や観光への取り組み姿勢について議論する予定です。
トレーラーハウスのプロジェクトは、現地の調整がまだ済んでいないため見送りとなりました。

■ 桃浦
第一回浜の学校 牡鹿漁師学校を 8月21日から23日の3日間開催し、地元の漁師の方々や三重大学、飲食店経営者を講師にとして、無事に終了を迎えられました。終了後に行った桃浦、月浦、侍浜の区長との話し合いでは、次回以降の他の浜との連携が期待されました。

■ 侍浜
牡鹿漁師学校参加者の宿泊場所として、侍浜の空き家の改修を行いました。

■ 牧浜
隣の竹浜の住民の方々との合同で開かれた盆踊りに参加し、配線やテント設営、焼き鳥の販売を行い、最後は住民や学生、ボランティアが一体で盛り上がりました。祭りへの参加は高台移転地の広場の使われ方を考えるきっかけとなりました。

■ 大谷川
大谷川の二渡神社、谷川浜、鮫浦の五十鈴神社、熊野神社の実測調査を行い、この実測をもとに補助金等の申請に活用する予定です。また、大谷川の住民協議会を開き、集会所の作り方について話をしました。小学校の総合的な学習の時間として行われた牡蠣の養殖体験にも参加しました。

■ 蛤浜
民家リノベーションワークショップでは先日事前調査を行い、土間や囲炉裏の制作、地元の建材と伝統的な構法の利用について検討しました。今後は、旅館営業申請のための図面化を行うとのことです。

AA21web報告_pic2

続いて、ワーキンググループ報告がありました。

■ コアハウス
グッドデザイン賞へ応募について報告されました。

■ 公営住宅
公営住宅の具体的な設計が浜によっては始まっており、今後の作業の進め方を検討していきます。

■ 小学校
各大学の総合的な学習の時間の調査実施状況を整理し、今後は年末以降の製本化にむけてまとめを始めていくとのことです。

土岐氏からは雄勝、小野田氏からは宮戸島の報告がありました。
雄勝の大須桑浜の名振では復興公営住宅の調整が始まっており、住民との意見交換会を開きました。町並みとの関係が今後の課題となっています。また、まちづくり勉強会を企画し、町並みについての座談やルール作りについて検討していくそうです。模型なども用いながら復興公営住宅についてのヒアリングを今後行う予定です。

宮戸島では県の自然少年の家が建てられるので、その進め方や予算の出処などについても市とも議論をしていく予定です。しかし宮戸島では、野道や田んぼだった土地が耕作放棄地となり、景観が乱されてしまうことが大きな課題として残されています。

AA21web報告_pic3

その後、今後の現地活動体制について議論がなされました。
浜ごとに異なる復興度合いとサポートの必要性、担当浜制度など、様々な意見が出されましたが、今後は牡鹿半島で急務となる浜での活動を他の浜を担当している大学がサポートしていく方針でいくべきだと意見がまとまりました。また、半島支援勉強会も開催の間隔を開け、次回は2ヶ月後に開催することとしました。

最後に、他のプロジェクトからの報告がなされました。

小渕浜では2011年後半に営業を再開した民宿めぐろの復旧が計画されており、その計画で利用するグループ補助金についての周知がなされました。小積浜のお地蔵様プロジェクトからは今後のスケジュールの報告と浜にできた集会所の告知がなされました。

アーキエイド事務局からはAA実行委員が全員集まる実行委員会総会を12月頃に予定していると報告されました。

以上で9月の第21回半島支援勉強会の報告を終わります。次回の勉強会は11月24日(日)を予定しています。
今後の様子もWEBで報告していきます。


筑波大学大学院 人間総合科学研究科 貝島桃代研究室
中田晃

Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Hatena Bookmark
Pocket
Share on LinkedIn

This entry was posted in 半島支援勉強会, 牡鹿半島復興支援通信 and tagged , , , . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*