第22回アーキエイド半島支援勉強会

11月24日(日)に第22回半島支援勉強会が法政大学で行われたので、その様子を報告します。

今回の議題は、事務局報告、各浜報告、ワーキンググループ報告、雄勝報告、宮古島報告についてでした。
それでは、内容についてご紹介致します。

AA 22nd study meeting_web1

始めに、事務局報告では、犬塚氏からドイツのアエーデスギャラリーにてアーキエイド展を行っていることなどの報告がありました。展示は「地域」「住まい」「産業」「記憶」「公共施設」の5つのカテゴリーに分け、漁師さんに頂いた漁網を使うなどして空間を構成しています。今後は、巡回展として仙台とロサンゼルスをまわる予定です。 また、アーキエイドとコアハウスがグッドデザイン賞を受賞したことが報告されました。東京ミッドタウンで行われた受賞展でアーキエイド、コアハウスともに展示を行い、その後の審査で、コアハウスはグッドデザイン金賞を受賞しました。

最後に、1月13日に建築会館大ホールにて行われるコアハウスシンポジウムの告知がありました。
内容は、主催である東北大学災害科学国際研究所の本江先生による開会の辞、共催である日本建築学会会長の吉野先生によるご挨拶の後、コアハウスの提唱者であるイカプトラ氏による基調講演や、自立再建住宅のデザイン、浜のなりわいの復興、木造技術と地域の生産力について3つの対談、最後に国土交通省住宅局住宅生産課課長伊藤朋子さんによる総括を予定しています。

次に各浜の報告が各大学からありましたので、以下にまとめます。

■鮎川
鮎川について、Y-GSAから高台移転と拠点整備の報告がありました。まず、高台移転に関して、東北大の災害研と宅地割りを検討したうえで、奥行きを狭くし南側を広く取ったプランと、長屋プランを組み合わせて配置する計画を進めていることが報告されました。次に拠点の整備に関して、事業者を対象としたまちづくり協議会で、ゾーニングと動線に関するワークショップを行ったことが報告されました。ワークショップでは、防潮堤の高さが問題になったため、今後、そこに焦点を当てた検討を行っていきます。

■桃浦
桃浦について、筑波大学から「第2回浜の学校 牡鹿漁師学校」開催の報告がありました。日程は、4月の4,5,6日の3日間で、荻浜地区全体へ少し広がった運営体制を検討しています。また、今回の会場は荻浜小学校に工事が入るため、侍浜の集会所を使うことを考えています。今後は応募開始に向けてチラシの作成などを進めていきます。

■小積浜お地蔵様プロジェクト
お地蔵様プロジェクトについて、法政大学から報告がありました。夏から取り組んでいた組み立てが終わり、11月8日に完成したとのことでした。11月30日には、住民によるお披露目会を企画しています。現在は、制作プロセスを含んだムービーの作成を行っています。

■蛤浜
蛤浜について、明治大学からcafeはまぐり堂の宿泊施設の計画案と観光コンテンツを考えるミニキャンプについて報告がありました。16 人の学生が集まり、歴史を調査する班、実測班、計画案作成班、観光プログラム班に分かれて作業を進めました。今後は地域支援インターンを入れて継続的に歴史の調査などを行っていく予定です。

その後、筑波大学からワーキンググループ報告として南相馬の公会堂と小学校についての報告がありました。南相馬の公会堂は、1月の着工を目指し、定期的に打ち合わせを行っています。今後の流れは、3月に建物の竣工、5月に住民の方によるお披露目会を予定しています。また、小学校の牡鹿探検ブックについて、荻浜小学校が休校となることを考慮し、少し早めの3月上旬の完成を目指していると連絡がありました。今後は、それに合わせ各大学、各小学校と調整を行っていきます。

最後に、雄勝半島と宮古島の報告がありましたので以下にまとめます。

■雄勝半島
菅原氏から雄勝半島の公営住宅について、名取地区の造成工事が着工したことが報告されました。それに合わせ、9月に第1回住民意見交換会、10月に雄勝総合支所による区画割りの抽選会と住民ワークショップが行われました。今後は、雄勝の3間続きの間取りを持った住宅を基本にプランのバリエーションを増やし、最終的には標準プランも合わせ 2,3タイプに集約される予定です。また、地元工務店が関わることで、地域でメンテナンスができる取り組みも検討されています。

■宮古島報告
宮古島について、SANAAからみんなの家を月浜につくることが報告されました。漁村の生活に合わせて、作業場や朝市のプログラムを考えています。今後は4月の着工を目標に計画を進めていきます。

以上で第22回半島支援勉強会の報告を終わります。
今回は、夏に各浜で行ったミニキャンプの成果が多く報告されました。また、第2回漁師学校やみんなの家の計画など新しい企画も動きつつありますので、今後も各浜の様子をお伝えしていきます。次回は、1月26日(日)を予定しています。今後の様子もWEBで報告していきます。


筑波大学大学院 人間総合科学研究科 貝島桃代研究室
井上大志

Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Hatena Bookmark
Pocket
Share on LinkedIn

This entry was posted in 半島支援勉強会, 牡鹿半島復興支援通信 and tagged , , , . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*