【展示情報】TOTOギャラリー・間『311 失われた街展』12月24日(土)まで開催

現在TOTOギャラリー・間にて行われている『311 失われた街展』
開催終了まであと2日となりました。



岩手、宮城、福島の被災地から選び出された14の地域を1/500のスケールで表した『失われた街』の白い模型。
この震災によって受けた被害の大きさを「地震」、「津波」、「放射能」、「電力」の4つの分類で表した311 スケール
どちらもこの地震による爪痕を可視化する事で、私たちにあの震災がどれほど大きな影響を与えたのか、被災地の実態はどうなっているのかをまざまざと見せつけてくれます。

また、この展示を通して被害の大きさを痛感すると同時に、改めて自身に何ができるのか、建築に何ができるのかという事が問われているような気がします。

東日本大震災以降被災地に足を踏み入れた方もそうでない方も、あの震災から9ヶ月が経ち以前よりも現地の状況の報道も少なくなってきた今だからこそ、ここに展示されている模型を通して、また東北に目を向けてほしいと思います。

【311 失われた街 展】
○期間   2011年11月2日(水)〜12月24日(土)
○開館時間  11:00〜18:00(金曜日のみ19:00まで)
○休館日  日曜・月曜・祝日 (注:23日は休館日です)
○会場   TOTOギャラリー・間(東京都港区南青山1−24−3 TOTO乃木坂ビル 3F)
※ 入場無料

Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Hatena Bookmark
Pocket
Share on LinkedIn

This entry was posted in 『311 失われた街』 展 and tagged , . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*