アーキエイド・プロジェクト公開フロー

アーキエイドは、建築家による復興支援のネットワークによる支援プロジェクトのプラットフォームとして、設立発起人・賛同者だけでなく、世界中からの支援プロジェクトを常時募集します。

「こういうことをしたらいいのではないか」「このような支援があるとよいな」「具体的にこんなことがこまっている」という、<プロジェクトのタネ>のようなアイデアを共有する場をアイデアバンクとして作り、経過が報告されいろいろな人が意見交換をしながらプロジェクトに育つかどうかまで、アーキエイドは見守ります。

アーキエイド・プロジェクトとして公開されるのは、モデルプロジェクトリンクプロジェクト の2種類です。プロジェクト企画書が提出されると6つの観点からチェックされます。流れや条件については公開フローをご参照ください。ロゴ・ニュース欄・公式ツイッター使用はどちらも可能です。モデル・プロジェクトは実行プロセスも含めたプロジェクト全体を密にプロジェクトバンクにアーカイブすることで今後の復興へ共有される知見となります。リンク・プロジェクトはもうすこし自由で独立的な関係にあり、少なくとも企画段階と結果報告が義務となります。

アイデアバンクの特徴は「支援をしたい」という声と「支援を必要としている」という声がどちらも併記されることです。場合によってはプラットフォーム上に併記されただけで解決の糸口がつかめる事もあります。

「まずは使ってみないと」というところもありますので、BBSやコメント欄をアイデアバンクの代用として、是非積極的にご活用・ご応募ください。皆様からのアイデアが殺到すること、おびえながらも心よりお待ちいたします。

皆様のさまざまな復興支援活動をアーキエイドというオープン・プラットフォームを通してアーカイブし続けることで、東日本大震災からはじまる新しい時代の建築家の活動を共有していく場となることを願っております。

 

 

Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Hatena Bookmark
Pocket
Share on LinkedIn

This entry was posted in ARCHIAID.ORG and tagged . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*