【レポート】”Natural Topography and Human Communities” Azby Brown

On Saturday, September 10, results of ArchiAid summer camp research by teams from Tohoku Institue of Technology and Tokyo Univ. were presented at Shinminatomura (Shinko Pier) in Yokohama. The presentations and discussions began at 1:00pm and lasted until 3:00pm. The Tohoku Institute of Technology Fukuya Lab with Water Edge Studio of Tokyo Science University had researched Kobuchihama on the Oshika Peninsula, while the Tokyo University Chiba and Kuma Labs along with Teppei Fujiwara researched three smaller locations, Hamagurihama, Orinohama, and Kotakehama, also on the Oshika Peninsula. The presentation session began in the classroom at Shinminatomura, moved to the ArchiAid booth to look at plans and models, and moved back to the classroom for discussion. (日本語訳はこちら)

As in other cases, during the ArchiAid summer camp sessions, students take the lead, and are accompanied by professors. After preparation of maps and site models prior to heading to the research sites, the work involves three phases: on-site site study of conditions, hearings with community members, and preparation of proposals, followed by a presentation and feedback from community members.

Kobuchihama presented a number of challenges. The site is the neck of a smaller peninsula, with access to fishing ports on two sides. Prior to the tsunami, the town had 159 houses, but only 29 remain, meaning the town is over 80% destroyed. Studies of other bays in Tohoku damaged by the tsunami have led to renewal proposals based on similar conditions and elements: to restore the seafood industry and port as soon as possible; to move dwellings to higher ground; and to find alternate uses for uninhabitable low ground. At Kobuchihama there is very little high ground that can be made easily accessible for dwellings. Confronted with this difficulty, the research team has proposed creating high ground by leveling nearby hills and using the earth to fill large portions of the low ground where the town now sits. Other dwellings could be moved to higher ground on the periphery, and the road system adjusted to improve access. While reports from some other towns indicated difficulty with leadership and community motivation, the citizens of Kobuchihama appear to be extremely energetic and open minded about their future.

The Tokyo Univ. team included members from Kuma Lab as well as Fujiwara Teppei, but Chiba Lab played the central role. The three sites this team studied have distinct topography and other conditions, and each presents a different degree of potential for revival and restoration.
–Kotakehama is very unusual in that it is long and deep, a linear town with a central road leading downhill to the bay. Because of this topography, and the fact that the bay is sheltered by a small island, damage was limited and most of the town remains viable. The port and seafood infrastructure (predominately oyster farms, as in other towns in this immediate area) were destroyed however. The proposals for this town center on restoring the waterfront area and establishing a community center on high ground overlooking the town.
–Orinohama, on the other hand, is a shallow site, and much of its port was built on reclaimed land. Port and seafood infrastructure will need to be entirely rebuilt. A hillside adjoining the existing town and overlooking the ocean will be nearly ideal for building new houses, and the community is very enthusiastic about this idea. It was reported that community members offered very rational and objective suggestions concerning what kind of housing would best accommodate the aging population and decline of numbers in the future.
–Hamagurihama had only nine households before the tsunami, and now has five. The inhabitants are almost all elderly, and are quite objective about their future. They do not expect their population to increase in coming years, and would like to clean up the low ground where the destroyed buildings once stood, restore the function of the port, and make the town as livable as possible for themselves as they grow older. Some had expressed the desire for a windbreak to protect the remaining houses, so the team proposed planting trees on the low ground. In addition, the town once had an excellent sandy beach, now washed away, and the team investigated the possibility of moving the waterfront road and allowing natural processes to restore it.

During the lively discussion session, issues of leadership and community solidarity were discussed. Professors Chiba and Fukuya were of the strong opinion that all of the towns these teams studied have good leadership and excellent community spirit. Whatever restoration plans are implemented in coming years, if they succeed it will be because of the enthusiasm and determination of the communities themselves.

Introduction by Komei Okura (Tohoku Institute of Tech)
JPEG Image of Introduction by Komei Okura (Tohoku Institute of Tech)

Presentation by Toshiyuki Ito (Tohoku Institute of Tech)
JPEG Image of Presentation by Toshiyuki Ito (Tohoku Institute of Tech)

Presentation by Manabu Chiba (Tokyo Univ.)
JPEG Image of Presentation by Manabu Chiba (Tokyo Univ.)

Presentation by Manabu Chiba and Yuri Naruse (Tokyo Univ.)
JPEG Image of Presentation by Manabu Chiba and Yuri Naruse (Tokyo Univ.)

JPEG Image of The Map of Overview for ArchiAid Summer Camp 2011 in Oshika Peninsula
JPEG Image of The Map of Overview for ArchiAid Summer Camp 2011 in Oshika Peninsula

Download the PDF edition of the Map of Overview for ArchiAid Summer Camp 2011 in Oshika Peninsula

Azby Brown
KIT Future Design Institute Director

【レポート】「自然の地形と人々の暮らし方」 アズビー・ブラウン

9月10日(土)に、東北工業大学チームと東京大学チームによるアーキエイド・サマーキャンプの成果報告が、横浜の新・港村(新港ピア)にて行われた。午後1時に始まったプレゼンテーションとディスカッションは午後3時まで行われた。東北工業大学・福屋研+東京理科大学 Water Edge Studio チームは小渕浜(コブチハマ)のリサーチを担当し、東京大学・千葉研、隈研+藤原徹平のチームは蛤浜(ハマグリハマ)、折浜(オリノハマ)、小竹浜(コタケハマ)を担当した。プレゼンテーションは、まず新・港村のスーパースクール校舎で始まり、ついでアーキエイドの展示ブースへ移動して計画の図面や模型を見ながら行われた後、再度スーパースクール校舎へ戻ってディスカッションが行われた。 (Original report is here.)

これまでのアーキエイド・サマーキャンプ報告会と同様、教授陣の付き添いのもと、学生達が中心になって行われた。調査地の主題に入る前に地図と模型が用意され、以下の3段階によってプレゼンテーションが行われる。すなわち、現地調査に基づく地域の概要説明、地域住民への聞き取り調査とその結果報告、そして、地域の方々に対して行われた説明とそこから得られたフィードバックを踏まえた上での提案内容の説明である。

小渕浜では多くのチャレンジがあった。対象地は、牡鹿半島の中のさらに小さな半島へと繋がる細くなった首根っ子の部分に位置し、南北両側に2つの漁港を有する。被災以前には159世帯を擁する集落であったが、津波で80%が流され、現在は29軒しか残っていない。水産業と港の迅速な復旧、高台へ住居移転、住めなくなった低い土地の転用方法など、津波による被害を受けた他の東北地方の港に関する事例が、同じような条件や要素を持つ港の復興提案へと繋がる。小渕浜には、住居をすぐに建設できるようなアクセスの良い高台が少ない。この難局に対して調査チームは、付近の丘と、被災前に集落があった低地の大部分との高低差をならすことによって高台を作り出すことを提案した。それ以外の住居については、より高い近隣の土地へ移動し、道路はアクセスしやすいよう改善された。他のいくつかの集落では見られたような、リーダーシップと地域住民の意欲の欠如という困難に比べると、小渕浜の住民は非常に積極的で、未来に大いに関心を示しているようだ。

東大チームには隈研のメンバーと藤原徹平が参加しているが、中心的な役割は千葉研が担っている。このチームが担当した3つの浜は、それぞれまったく異なる地形とまったく異なるその他諸々の状況を抱えており、再生と復興に関して、それぞれの浜ごとに異なる可能性の程度を示している。
小竹浜(コタケハマ)は、長くて奥行きのあるちょっと変わった地形で、湾に向かって降りて行く道路が町の真中を通っている。この地形の故に、かつ、湾全体がすぐ沖の島のかげになっているが故に、被害は限られていて、町の大部分は元のまま生きている。とは言え、港と水産設備(この近辺の浜と同様に、主として牡蠣の養殖場)は壊滅した。この集落への提案は、沿岸部の回復と、集落を見降ろす高台への地域センターの建設に集約されていた。
一方の折浜はというと、これは奥行きのない地形に位置し、港の大部分が埋め立てられたところに作られた集落であったため、船着き場や海産物の水揚げ設備などは、ほとんどすべて作り直されねばならない。既存の集落に隣接した海を見下ろす丘の中腹は、新しい住居群を建てるのにほぼ理想的で、住民もこの考え方に注目している。この地域の住民からは、将来の高齢化と居住者数の減少傾向において、どのような住居計画が一番良い住まい方であるかを踏まえた、非常に合理的で客観的な提案があったらしい。
津波以前からわずか9世帯しかなかった蛤浜は、現在5世帯になっている。住民はみな高齢で、将来に対して非常に醒めている。彼等の誰も、将来に地域の人口が増加するなどとは期待しておらず、破壊された建物たちがかつて建てられていた低地を綺麗に元の姿に戻したいと考えており、また港の機能を復活させ、なるだけ高齢者でも住みやすい町にしたいと考えている。残った住居を守るための風除けが欲しいと言う住民もいたため、チームは低地に樹を植えることを提案した。加えて、この集落には、かつて素晴らしい砂浜があったのだが、それも今では流されて消失している。なので、チームとしては、護岸を固める水際付近の道路を撤去することで、砂浜を自然の力で回復させる可能性を検討している。

最後に行われた活発な意見交換では、リーダーシップと地域の団結の問題が議論された。千葉教授と福屋講師とは、各チームが調査したいずれの集落においても、良いリーダーシップと優れた共同体意識がある、との見解を強くした。曰く、今後いかなる復興計画が実行されるにしても、それらがうまく行くとしたら、それは地域の人々自身の熱意と決意のなせる業である、ということであった。

東北工業大学・大藏廣明さんによる紹介
JPEG Image of Introduction by Komei Okura (Tohoku Institute of Tech)

東北工業大学・伊藤寿幸さんによるプレゼンテーション
JPEG Image of Presentation by Toshiyuki Ito (Tohoku Institute of Tech)

東京大学・千葉学准教授によるプレゼンテーション
JPEG Image of Presentation by Manabu Chiba (Tokyo Univ.)

東京大学・千葉学准教授と成瀬友梨特任助教によるプレゼンテーション
JPEG Image of Presentation by Manabu Chiba and Yuri Naruse (Tokyo Univ.)

アーキエイド・サマーキャンプ 2011 地図 JPG 画像
アーキエイド・サマーキャンプ 2011 地図 JPG 画像

PDF 版 アーキエイド・サマーキャンプ 2011 地図 をダウンロードする。

アズビー・ブラウン
金沢工業大学・未来デザイン研究所 所長
翻訳:堀井義博

関連記事 :
【レポート】「復興支援とは」栗田有理 | pj0016 : 新・港村 | ArchiAid
【レポート】「新たな視点の提供」栗田有理 | pj0016 : 新・港村 | ArchiAid
【レポート】「リアルに描く、復興の姿」谷口景一朗 | pj0016 : 新・港村 | ArchiAid
【レポート】「”人”を語る建築家たち」河田將博 | pj0016 : 新・港村 | ArchiAid
【レポート】「浜のコミュニティとその関係性」河西孝平 | pj0016 : 新・港村 | ArchiAid
【レポート】「問われる建築家の構想力」河西孝平 | pj0016 : 新・港村 | ArchiAid
【レポート】「半島が来る。横浜に出よ。」日埜直彦 | pj0016 : 新・港村 | ArchiAid
新・港村 イベントスケジュール | NEWS | ArchiAid
アーキエイド・サマーキャンプ 2011 地図 | NEWS | ArchiAid

Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Hatena Bookmark
Pocket
Share on LinkedIn

This entry was posted in 小渕浜, 小竹浜, 折浜, 牡鹿半島復興支援通信, 現地レポート, 蛤浜 and tagged , , , . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*