3.11から約2ヵ月後の福島県いわき市2(海沿い:小名浜、アクアマリンふくしま)

[視察者]佐藤久美子(東京理科大学修士2年、千葉県内在住)
[視察日]2011/05/03~2011/05/09(東日本大震災から54~60日)
[視察地域]福島県いわき市(いわき湯本を中心とする地域)
[視察目的]調査・研究、ワークショップボランティア
津波の被害にあった、海沿いの地域(小名浜〜江名〜豊間〜薄磯)を、5月5日に、また、小名浜港にある水族館アクアマリンふくしまを5月8日に地元の方と一緒に視察してきました。一部の道を除いては、多くの道が車で通行出来るようでした。
青いピンが、直接訪れて、撮影した場所です。
【小名浜港】
漁業が主力産業の一つであり、小名浜港のまわりには、臨海工業地帯が広がっています。またアクアマリンふくしまやいわきマリンタワー等の観光・娯楽施設もある場所です。
港のあたりでは、信号があってもついていない場所もありました。
小名浜港に来た津波の高さは5.4mだそうです。
小名浜の街中
津波によりフェンスが倒壊
左:液状化 右:積み上げられた船や瓦礫
動画
【アクアマリンふくしま】
アクアマリンふくしまの周りも、液状化により亀裂や地盤沈下がおこっていました。
現在は復興作業中で、立ち入り禁止になっています。
館長さん、副館長さんにお話を聞くことが出来ました。
建物はガラスが十数枚割れ、入り口等から水が入ってきた程度でほとんど被害は無かったそうですが、配管の被害は大きかったそうです。
左:アクアマリンふくしま 右:ランドスケープに亀裂が入り、こんもりした丘も前よりも沈下して低くなっていた
視察に行った5月8日の段階で、この地域の下水はまだ元に戻っていませんでした。そのため、水族館の再会に向けて働いている方々は建物外の仮設トイレを利用し、新たな下水道を作っているそうです。住環境の整備が最優先される中、子供達のためにも水族館のような施設も早く再会したいとのことでした。
左:駐車場 右:沈んでしまったコンクリートの壁
大きな魚や動物は他の水族館に移動しましたが、残った魚達の中でも装置をあまり必要としない金魚は全て生き残ったそうです。餌を与えると水が汚れてしまうので、与えずに冬眠状態にして飼育していました。「震災に強い水族館を考えなければ」と館長さん。
左:館内 右:レストランのシェフによる炊き出し
館長さんによると、開館11年を迎える7月15日に、一部オープンを目指しているそうです。毎日土日関係なく復興作業は進められています。炊き出しをごちそうになったのですが、レストランのシェフが作っただけあってとても美味しかったです。またアクアラバンという移動水族館(トラックに水槽を積んだもの)を所有しており、海水に使ってしまったので修理した後、各地の子供達を元気づけたいとのことでした。
3へつづく
Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Hatena Bookmark
Pocket
Share on LinkedIn

This entry was posted in 現地レポート and tagged . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*