失われたモノがなにか、 、 。 震災後の現地での支援活動報告1

2011/04/14〜04/23

活動記録者         斉藤力

活動      斉藤力 高屋工務店チーム 建築工房零義援隊

-このレポートの前に-

建築設計に携わり環境や社会、人との繋がりを冷静に受け止めて判断して仕事をしてきました。その中で今回の東日本大震災が起き、冷静ではいられず震災地に飛び出していきました。その結果建築家からの視点や判断からは少し冷静さを失った表現がでてしまう事をお許しください。この活動は建築家として行うべき初動ではないかもしれません。しかし復興に向けて<失われたモノがなにか。>をきちんと現場で見極め、現地での被災された方々と交流をしていく事は、建築家として復興を考えて行く以上はまず重要な一歩であると信じています。現場の目線でレポートしたいと思っています。

 

-4月14日〜宮城県石巻市にて-

潮の香りとは到底呼べず、日常の街の匂いは消え、泥とナマモノの混沌とした臭いと瓦礫の山。行き交う人は今ではなく昨日に思いを巡らし目を合わさない。そこに立っていると無力さだけが残ってしまう。

 

震災後、関西の高屋工務店高屋氏のかけ声のもと全国から職人さんが集まり、石巻市錦町を拠点とた周辺住宅の設備の臨時復旧や瓦礫出し、泥出し、なんでも、を支援対象として活動してきました。石巻では津波が内陸に10kmもの距離で押し寄せてきて、周辺住宅の損壊が著しくない場所でも1階は1mほど浸水しています。そのため電気が2階では使えますが1階の主要な設備関係はすべて使えない状態ですので設備業者はその復旧を、私のように設計の立場で役立たずは職人さんの手元や瓦礫撤去をしてきました。被災された方々は作業後に涙ながら感謝の旨を言っていただき、同時に近所の人の安否や、実際どのようにして津波が来たのか逃げたのかなど、事細かく説明してくれました。建築設計を仕事にしていれば少なからずその家族の内側に入り込む事があると思いますが、生死の境を昨日今日感じている人達の内側には入れません。作業する中でどのような関係性を持つ事が重要なのか、どう応えていくべきか自問自答の中での作業でした。

(詳細活動はhttp://www.facebook.com/JishiShien?sk=wall こちらをご覧下さい。)

Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Hatena Bookmark
Pocket
Share on LinkedIn

This entry was posted in 現地レポート and tagged , . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*