【現地レポート】雄勝《机・椅子から学校を考える》ワークショップ

東京芸術大学大学院ヨコミゾ研究室修士1年の小林良平です。石巻市雄勝地区の復興支援活動に雄勝スタジオの一員として取り組んでいます。今回は石巻市雄勝地区で行なわれた「雄勝《机・椅子から学校を考える》ワークショップ」について報告させていただきます。

震災以前の雄勝地区には船越小学校、大須小学校、雄勝小学校の3つの小学校と大須中学校、雄勝中学校の2つの中学校がありました。しかし震災によって船越小学校、雄勝小学校、雄勝中学校は全壊し、生徒たちは旧河北町の飯野川高校の一部を借りて勉強しています。現在、児童数の減少の問題などから雄勝地区すべての学校を1カ所にまとめた小中併設校を、雄勝半島の地理的中心である大浜地区に設置する計画が進められています。雄勝の地形はリアス式海岸特有の起伏に富んだ地形を有することから、ある程度ひろがりを持った平地に計画される一般的な片廊下式の学校建築ではなく、複雑な雄勝の地形に沿わせるような校舎建築の計画が必要だと思われます。

本ワークショップは、中学生達と共に「一本の美しい樹の下で語り始めた人の話を聞きに集まる―それが学校の起源である。」というルイス・カーンの言葉に立ち返り、身近な机・椅子といった身体的スケールから、教室、学校、周辺環境へと連続的に空間をとらえることで従来の型にしばられずに、雄勝らしい学校の在り方を見つけることを目標としたものです。

ワークショップは大須中学校と雄勝中学校でそれぞれ3回ずつ行ないました。1回目のWSでは中学生達一人一人に机と椅子を作成してもらいました。
fig1

2回目のWSではその机と椅子を使って、先生の話を聞く場面、グループで話し合う場面など様々な状況を想像しながら机と椅子を並べてもらいました。また、外に出て、坂道に並べたり木の下に並べたりするなど、普段経験しないような環境での配置にもチャレンジしてもらいました。
fig2

そして3回目のワークショップでは、模型の机と椅子を用いて学校全体を考えてもらいました。できあがった学校には机が円形に配置されている教室や斜面を利用してつくられた教室など、多種多様な教室ができあがりました。生徒たちはみな熱中して取り組み、なかには模型材料の破材を使って学校の中に野球場をつくってしまう子などもいました。
fig3JPG

fig4JPG

今回のWSで大須、雄勝中学校で合わせて3つの学校が完成し、1月には合同発表会を予定しています。学校が実際にできる頃には卒業してしまう生徒たちも、このワークショップを行なうことで通わずとも新しい学校に愛着を持てるではないでしょうか。

実際の小中併設校の敷地は海に突き出た半島の上にあり、斜面への対応や植生や風向きなど自然との共生が求められてきます。できるだけ早い完成が求められる中で、雄勝らしい素材やスケール感を持った学校、地区のコミュニティ活動、そして復興の中心となるような学校ができることを期待します。

最後にワークショップを行なうにあたって多大な支援をいただいた大須中学校と雄勝中学校の校長先生をはじめとして先生方、雄勝総合支所の牧野さん、本当にありがとうございました。

雄勝《机・椅子から学校を考える》ワークショップ
小林良平 Ryohei Kobayashi (東京芸術大学美術研究科建築専攻ヨコミゾマコト研究室修士1年)

Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Hatena Bookmark
Pocket
Share on LinkedIn

This entry was posted in 現地レポート, 石巻市雄勝地区震災復興計画支援:文化的地域遺伝子再生計画/雄勝スタジオ and tagged . Bookmark the permalink.

2 Responses to 【現地レポート】雄勝《机・椅子から学校を考える》ワークショップ

  1. m says:

    全壊したのは大須中学校ではなく雄勝中学校ではないでしょうか。気になりましのでコメントさせていただきました。

    • 益田 佳奈 says:

      はじめまして。
      アーキエイド事務局で広報を担当しております益田と申します。
      この度はメッセージをいただきまして誠にありがとうございます。

      ご指摘いただいた箇所につきまして、
      プロジェクト担当者に確認の上、至急修正をさせていただきました。
      確認が足らず、ご不快の念をお掛けいたしましたことを深くお詫び申し上げます。

      今後ともアーキエイドを宜しくお願い申し上げます。

      アーキエイド事務局 広報担当
      益田佳奈

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*