【レポート】お地蔵様プロジェクト/法政大学 稲村陸

ƒt?ƒŠƒ“ƒg
 
 
 法政大学大学院下吹越研究室修士1年の稲村陸です。2013年9月8日〜9月13日にかけて行われました、小積浜 お地蔵様プロジェクトについてご報告させていただきます。
 
「お地蔵様プロジェクト」は3.11の津波によって被害を受けた小積浜のお地蔵様の祠を再建するプロジェクトです。現地でのヒアリング調査がきっかけとなり、流失したお地蔵様の祠の再建を設計から施工まで学生の手で行います。

 私たち法政大学は震災後から今まで、宮城県石巻市牡鹿半島での復興プロジェクトに参加し、その中で小積浜の調査を行ってきました。調査の中でそれまでお地蔵様が祀られていた祠が流されたこと、また、このお地蔵様は地元の方々の祖父母にあたる方々が祀ったものだということがわかりました。他の浜では壊れた祠の修復は、他のボランティア団体によってすでに完了しています。小積浜だけが取り残された状態でした。

 再建のコンセプトは「学生だからこそできる手間暇をかけた建築」です。
学生が自ら施工するため、それが大工や職人の方々がつくるよりも精度がよく、きっちりとしたものになるはずがありません。しかし効率性や経済性の側面から考えると、大工が仕事では手を出さないようなものを、思いっきり手間暇かけてつくるものであれば学生でもできるのではないでしょうか。
そういったコンセプトの元、提案したのが90角の木材を組んでいくという構法です。基礎の上に一段一段、木を組んでいき、重なっている部分は木ダボにより接合し、お地蔵様を覆うような形になります。

 今回の工事を行う前に法政大学では、佐藤淳さんに祠の構造に関して協力していただき、コンクリート打設実験、上屋モックアップ作成についても指導して頂きました。また、測量から水糸の結び方など、施工に関しては山野光一さんに基本から教わりながら計画を進めました。

R0017333
R0017013

 基礎工事を9月、上屋工事を11月に分けるかたちで祠を再建します。今回行った基礎工事は一週間かけ、測量から掘削、コンクリート打設までを行いました。

 初日は資材や食料の買い出し、現地での測量、施工準備などで作業は終わらせ、隣の荻浜で行われていたお祭りにおじゃまさせていただきました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 お祭りには浜の方々はもちろん、石巻に来ている様々なボランティアの方々と交流することができました。お祭りの最後には地元の花火師により200発の花火が打ちあがり、お祭り会場は盛大に盛り上がりました。

 2日目にはコンクリートの型枠設置のため掘削の予定でしたが、初日の測量で施工範囲に石碑や瓦礫などがあることが分かり、人力だけでは移設や撤去は困難だと判断しました。そこで、宇佐美工業の方々がショベルカーを動かしていただけるということになり、午後にお地蔵様の周囲を掘削することができました。

20130909_165455

 掘削中には巨大な一枚岩が発掘され、手持ちのシャベルではほぼ不可能な作業だったことが改めて分かりました。忙しい中、足を運んで掘削作業していただいた宇佐美工業の有馬さん、大高さん、小室さん、ご協力ありがとうございました。

548386_521820511243811_1515772685_n

 作業後に有馬さん、大高さん、小室さんに今回のプロジェクトの概要の説明をしました。

 3日目からは「遣り方」を行いました。事前の打ち合わせでは、「遣り方」から「墨出し」作業が今回の工事の最も重要な工程であり、実際に水平や直角、直線を出すのは、私たちには非常に難しい作業でした。

296156_521821694577026_1508974671_n
1235164_521823677910161_1868495899_n

 普段CADで描くこととは全く違う体験の連続で、作業がなかなかスムーズに進まない場面が多々ありました。

 当初、予定していた日程よりも若干遅れたものの、5日目には型枠の配置が完了し、6日目にはコンクリートの打設作業を行うことができました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 渡辺先生、小積浜の阿部区長、横尾さんにも協力していただき、コンクリート打設時には常にミキサーを回した状態でコンクリート調合、アンカー設置、打設の班に分かれ、順調に行うことができました。

130913f030

 吉田さんにはショベルカーを動かしていただき、コンクリート打設と並行して埋め戻し作業を行っていただきました。

1237877_521821374577058_1104451505_n

 小積浜の方々には昼食・夕食のサポートをして頂いたり、お風呂を貸して頂いたりと、工事だけでなく生活のサポートをしていただきました。小積浜の阿部区長、横尾さんは毎日現場に足を運んで下さり、作業に協力して頂きました。

 事前に準備した資料が現場の状況に応じて修正が必要になることや普段経験できないような施工の技術など多くの貴重な体験をすることができました。また、地元の方々やボランティアの方々には多くの手助けをして頂きました。本当にありがとうございました。

 今回の反省を生かしつつ、11月の上屋工事に挑みたいと思います。


法政大学大学院デザイン工学研究科建築学専攻下吹越研究室修士1年
稲村陸


お地蔵様プロジェクト主催|法政大学渡辺真理+下吹越武人インデペンデントスタジオ
開催場所|宮城県石巻市小積浜
協力|東京大学 佐藤淳
お地蔵様プロジェクト 募集概要

Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Hatena Bookmark
Pocket
Share on LinkedIn

This entry was posted in 小積浜, 牡鹿半島アーキエイドミニキャンプ2013, 牡鹿半島復興支援通信, 現地レポート. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*