せんだいデザインリーグだより
今回の被災地でもある仙台を拠点とするアーキエイド設立発起人メンバーからの復興だより。

文化被災ということ : 五十嵐太郎

今回の東日本大震災を経験し、いかに自分が阪神淡路大震災を他人事としていたのかを改めて思い知った。311以降、身体こそ何も傷つくことは何もなかったが、数多くの蔵書や資料を大学に置いたまま、立ち入り禁止になってしまい、研究室も教室も失ったからである。建物は激しく損傷したが、教職員、学生ともに全員が無事であり、もっとも大切な人命が奪われることはなかった。少しずつ復旧と復興に向けて、再び動きだすとき、文化と教育もまた被災していたことが、徐々にあきらかになってくる。

松島の六角堂や石巻の古文書など、津波によって、多くの文化財が損傷したり、消えてしまった。文化施設も被災している。気仙沼のリアスアーク美術館はダメージを受け、閉鎖された。現地を訪れたときは、津波で家を失った学芸員がその内部で暮らし、再開のめどがたたないと語っていた。そして明治三陸大津波を題材に、津波の怖さを伝える展覧会を数年前に企画したのに、ほとんど関心をもってもらえなかったことを悔しそうに回想した。しかし、かつてここで展示したアーティストが支援する動きも起きているという。せんだいメディアテークは、SDLの展示中に被災したが、一年をかけて完全復活する道筋が示された。宮城県慶長使節船ミュージアムは、海に面したガラスの空間が破壊され、展示品はことごとく流されていた。もっとも、上部はほとんど損傷がなく、被災者の避難所になっていた。大船渡のリアスホールや仙台の名取市文化会館など、建築家が設計した空間は、非常時において異なる用途、すなわち人が暮らす避難所として機能している。そうしたとき、思わぬ建築の力を感じられる場面にも遭遇した。

何も立派な文化施設だけではない。五十嵐研の院生たちも、実家が被災し、原風景を失った。石井勇貴くんは、家々が消失し、スカイラインが水平になってはじめて、南相馬市のどうしようもない凸凹の景観が懐かしいものだと気づいたという。また彼はどうしてもその写真を撮れないと語った。貝沼泉実さんも、見慣れた名取の現状を撮影できないという。一緒に幾つかの被災地をまわった加藤拓郎くんでさえ、実家のある八戸の惨状を目の当たりにしたとき、同じような思いを味わった。それらはパリやフィレンツェのような「美しい景観」ではないかもしれないが、若い世代にとっても、喪失感を伴う文化的な風景なのである。東日本大震災は、そうした日常を奪い去った。彼らはこうした思いを胸にして、これから街をつくっていく。

四月の初頭、東浩紀がtwitterにおいて、震災と言論のシンポジウムを仙台で開催しようとしたら、場所が見つからないとつぶやいていたので、それならば、僕が探そうと申し出た。ところが、東北大学の教室や講堂、仙台の文化施設が軒並み貸し出せなくなっており、候補地が見つかるまでに、想像以上に苦労した。実際に震災で少し痛んでいたり、余震が続くなか、まだ人を集めるイベントを避けたいからである。外観上はほぼ回復した状態に見える仙台市だが、まだその内側では傷が完全には癒えておらず、静かに血を流しているのだ。生活が安定して、ようやく文化の場が成立する。これも復興のバロメータのひとつになるだろう。教育も然り。東北大学の建築は被災者である。一時的に教育環境が十分でなくなるのは避けられない。だが、こうした状況に対して、国内外の大学、会社、個人から、教育プログラムや物資など、具体的に手をさしのべる、多くの動きが出てきたことに感謝している。これも現段階において発揮できる、アーキエイドの力だと思う。

Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Hatena Bookmark
Pocket
Share on LinkedIn

This entry was posted in せんだいデザインリーグだより, 現地レポート and tagged , . Bookmark the permalink.

One Response to 文化被災ということ : 五十嵐太郎

  1. 初めて書き込みいたします。私の故郷である沿岸部も壊滅的な被害となり、3.12~23まで現地におりました。今は個人でできること、家族にできることに精一杯ですが、建築を通してできることは何かという問いに苦悩しています。個人では到底及ばない自然の驚異への回復でもこの場を通して少しでも助け合い、復興を支えられる場となることに希望を託し、微力ではありますが賛同致します。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*